スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< 水族館: | main |

水族館:どうして水族館にクジラがいないのですか?

今日は水族館に関するこんな記事をみつけました。

  • 徳永貴久※視力回復プログラム


  • どうして水族館にクジラがいないのですか?


    - 回答 -
    ヒゲクジラは現在居ませんね。

    かつて、ミンククジラを三津シーパラダイスで飼ってたので、子供の頃水族館で聞いたら保護動物だからといわれました。
    ちなみに、あとから調べたらこの水族館のミンククジラは三回飼って、その内二回は自力で網を破って海へ逃げたそうです。
    他には、アメリカで一時的にコククジラの子供を飼ったのと、くじらの博物館でミンククジラを飼った事例があります。

    ハクジラは割と多いです。
    怪我をして、保護された鴨川シーワールドのコマッコウとかかつていました、他に座礁した鯨の一部が一時的に保護されて、大抵は死ぬのですが、そのまま生きて展示される事も稀にあります。

    比較的見る機会が多いのは、イルカの仲間でもあるゴンドウクジラの仲間で、コビレゴンドウ、オキゴンドウ、ハナゴンドウ、それからシャチもゴンドウクジラの仲間です。
    八景島ではコビレゴンドウが近くでよく見れます、結構かわいいです。
    水族館でよく見るシロイルカもイヌイットは鯨として捕鯨しています。

    (この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


    | - | 20:15 | - | - | pookmark |

    スポンサーサイト

    | - | 20:15 | - | - | pookmark |

    08
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --